スポンサードリンク

小学校2年生 足し算 ひっ算 の つまずきポイント

スポンサードリンク Ads by google

小学2年生の1学期 算数で 必ず押さえておきたいのは… ひっ算ですよね♪
ですが、実は この ひっ算、つまずき ポイントでもあります。
では、ポイントを押さえながら、足し算のひっ算を見ていきましょう♪

小学校での教え方

  • 例題

次の ひっ算 の足し算を解きなさい。
小学2年生 2桁足し算のひっ算

小学校での模範解答

まずは、一の位の足し算 を 行います。
横に書き出すとわかりやすいですね♪
6 + 8 = 14 なので、14と横に書いておきます。
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
14 の 一の位 4 を ひっ算の 線の下、一の位 に書きます。
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
次は、10の位、元の 16 の 1、 28 の 2 そして、一の位を足してできた 14 の 1 を計算して、
1 + 2 + 1 = 4
この 4 を ひっ算の 線の下、十の位 に書きます。
tashizan-hissan04
よって、答えは 44 です♪

って、教わる場合もあるそうです… 小学2年生に聞きました…
でも、これって ひっ算 ですか? 3桁以上とか、掛け算 とか になってきたら、「横に書き出す」って わかりにくいんじゃないかと…
なので、つまずきポイントを整理しながら、どのように ひっ算をしていけば良いか考えていきます。

子供への教え方

一桁の数字でひっ算をさせる

小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
この問題を 子ども達に 解いてもらいましょう。
よくある、つまずきポイントは… 位をまとめて書いてしまう間違いです。
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
どこも、間違えていないようですが…
ひっ算においては、位を揃えて書きます。位を揃えて書くクセをつけていないと、2桁以上のひっ算をする場合につまずきポイントとなります。

なので、この段階で、一の位の下に一の位を、十の位は 少し開けて 十の位に書くように習慣つけましょう。
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
どうしても、こじんまりと 一の位の下に 十と一の位を合わせて書いてしまうクセがある子どもには、
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
問題文に、一の位と十の位とを 分ける線 を引いてあげて、十の位は 線の 左側 に書くクセを付けさせましょう。
※ 慣れてきたら、自分で 線を引かせる。もっと慣れてきたら 引かなくてOK です。

ひっ算はその位の計算を全て書かせる

あらためて、最初のひっ算を考えていきます。
小学2年生 2桁足し算のひっ算
子どもが、戸惑わないように、位の線を引いてみましょう。
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
そして、計算結果は 全て 線の下に書いていきます。
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
一の位の計算は、
6 + 8 = 14 ですので、一の位と十の位の書く位置に注意しながら、14 を書きます。
次は、十の位も書いていきましょう。
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
1 + 2 = 3 ですので、位を揃えて、一の位の足し算の下に書きましょう。
そして… それを 足していきます♪
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
もう一度、新しい ひっ算 を作るように、+ と 線 を書き加えていきます。
あとは… その 新しい ひっ算 の足し算をしましょう♪
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
それぞれの 位を 合わせて 足し算をして 答えは 44 です♪

位がもっと増えても、計算できますよ

これができると、小学校2年生の夏休みで、発展学習として、すっごい 大きな 位の計算ができますよ♪
小学校2年生 2桁 足し算ひっ算
まだ 百より大きな位の読み方を習っていないので、数字自体は 読めないかもしれませんが…
先ほど学習した

  • 位を揃える
  • 位ごと の 答えはすべて線の下に書く
  • そうやって 出来た、新しい ひっ算を 計算する

という、ポイントがわかっていれば、2年生 夏休みで 十分に この問題を解くことが出来ますよ♪

まとめ

2学期に学習する 3桁以上 の ひっ算 につまずかないためにも、2桁(1桁)の時点で、きちんと

  • 位を揃える
  • 位ごと の 答えはすべて線の下に書く
  • そうやって 出来た、新しい ひっ算を 計算する

ポイントを押さえることが重要です。
難しくはないので、頑張って 位を 整えましょう♪


あわせて読みたい! 計算のおすすめ記事