スポンサードリンク

5のかけ算・割り算を5秒で計算する方法!暗算ですよ♪

スポンサードリンク Ads by google

5のかけ算・割り算は、ちょっとしたコツを知っていれば、簡単に暗算できるようになるので、その方法を紹介します。

5のかけ算

2で割って10をかける

5 = 10 \div 2
x \times 5 = x \times 10 \div 2であるので、5をかけるというのは、10倍して2で割るのと一緒です。
順番的には 2で割って10倍したほうがイメージしやすいです。

例題1) 984 × 5

984 \div 2
100の位の計算 9 \div 2 = 4 ... 1
10の位の計算 18 \div 2 = 9
1の位の計算 4 \div 2 = 2
並べて書いて 492 そして、その数を10倍するので、0を付け足して、4920
984 \times 5 = 4920
ここでは、式に書いていますが、実際には暗算をします。

例題2) 745 × 5

745 \div 2
100の位の計算 7 \div 2 = 3 ... 1
10の位の計算 14 \div 2 = 7
1の位の計算 5 \div 2 = 2.5
並べて書くのですが、最後に10倍するので、2.5. は書かずに、3725
745 \times 5 = 3725
ここでは、式に書いていますが、実際には暗算をします。

5の割り算

2をかけて10で割る

5 = 10 \div 2 = \frac{10}{2} ですので、
x \div 5 = x \div \frac{10}{2} = x \times \frac{2}{10} = x \times 2 \div 10 となります。
ので、5で割るというのは、2をかけて10で割るのと同じ答えになります。

例題) 783 ÷ 5

783 \times 2
1の位の計算 3 \times 2 = 6
10の位の計算 8 \times 2 = 16
100の位の計算 7 \times 2 = 14
繰り上がりを考えて並べると 783 \times 2 = 1566 そして、10で割るので、答えは156.6
783 \div 5 = 783 \times 2 \div 10 = 156.6

3. まとめ

その昔… 消費税が5%の頃には、5をかける計算を暗算でする機会が多かったのですが… それも昔の話ですね(笑)
中学受験算数では、暗算をするより確実にひっ算をした方が良いと思います。
でも、実生活の中で計算用紙がなく 5 のかけ算・割り算をする機会があったら使ってみてくださいね。


あわせて読みたい! 数の性質のおすすめ記事