スポンサードリンク

小学算数・速さの問題で「どうして出来ないの?」と感じた時に、ふと気づいてあげたい初歩的な問題点

スポンサードリンク Ads by google

PaPa&Mamaへ、下記問題考えてくださいね

例題

佐藤さんは、家から会社へ車で行きます。家から会社までは全体で 6km の距離です。その道順は、家を出て最初の信号のある交差点を右に曲がる。しばらく行って、幹線道路を直進します。この幹線道路には信号が2つあります。幹線道路の、A交差点で左折し、2つ目の角を曲がると会社の駐車場です。ある日、15分かかって会社につきました。
この車は、幹線道路の2つ目の信号付近で、時速何キロで走っていますか?

そんなの、交通状況もわからないし… 信号がどんな状況かも分からないし… 答えなんて分からないよ。
と感じると思います。

私も、上のような きき方をされたら、家を出て幹線道路までは ゆっくり走って、幹線道路に入ったらスピードあげるだろうな… とか 考えてしまいます。

さて、では 次の 算数の問題

例題

山本さんは、学校へ歩いて行きます。家から学校までは 600m の距離です。ある日、15分かかって学校につきました。
山本さんは、時速何キロで歩きましたか?

この問題はどうでしょうか? こういった問題であれば、

解放

ここでは、詳しい解説は省き、式だけを書きますと
 0.6 \div \frac{15}{60} = 2.4
Ans. 2.4km

と、解答出来ると思います。

塾教師をしていて気づいたこと

実は、速さの問題でつまづいている小学生の頭の中を覗いてみますと…

学校までの 600m を 15分で歩く。という問題に対して、具体的に、信号があったり、歩道橋があったりする道を スピードを変化させて歩いているイメージを持っている 子どもが少なくありません。

コレは、学習の入り口で

時速とは

1時間あたりに進む距離。

として、学習しても、その算数的な意味がよくわかっていないからだと思います。
つまり、ゆっくり歩いたり、立ち止まったり、走ったりしたけど、最終的には、1時間で4km進んだ! という、算数的には間違ったイメージです。 (普段の生活では、間違っていませんが…)

より丁寧に、算数的に、時速を子どもたちに説明するには、

時速とは

同じスピードで動いている時に、1時間あたりに進む距離。
算数では、問題に特にことわりがない限り、スピードは同じ。

と、もう一度 説明してあげた方が良いです。
また、別の視点で言うと、時速を一瞬の速さとして’のみ’捉えている場合もあります。

一瞬の時速の具体例

時速を具体的数値として、実社会で感じることが多いのは「車の中」だと思います。
例えば、加速中の社内において、
「今、40キロだよ。アクセル踏んで 50キロになったよ。」
と、普段、時速は 刻々と変化するのが 普通です。
なので、時速をその一瞬一瞬の速さとして捉えている場合もあります。

しかし、その考え方自体は間違いではありません。ですが、算数においては

特に、ことわりがない限り、速さは同じ

この事を、最初に しっかりと理解させないと、思わぬ所で苦労する事があります。

こんな簡単な問題どうしてわからないんだろ?

と、お子さんに感じたら、上のようなことを疑ってみてください。
たった、これだけのことが解決出来れば、すっと問題が解けるようになるお子さんも多いですよ♪


あわせて読みたい! 速さのおすすめ記事