スポンサードリンク

小学校 算数の割合で使う「かけわり図」とはどんな図?

スポンサードリンク Ads by google

かけわり図とはどんな図?

kakewarizu
こんな図です。具体的にどんな場合に使うか? といいますと

例題

4mで800円のリボンがあります。1mでは何円ですか?

かけ割り図に当てはめてみましょう。

kakewarizu-ribbon

解答

かけわり図より、800÷4=200
Ans. 200円

となるのですが… かけわり図を見ても、実際の計算がイマイチ イメージし難いと思っています…

線分図で捉えてみる

senbun-ribbon
こうやって線分図を書いたほうが、なにの計算をしたらよいか? が、より具体的にイメージ出来ると思います。
4mの長さ を 4で割ったら 1m(単位)になるから、800円を4で割ればいいんだね♪ という イメージです。

塾で使っているT字式

T-ji
このT字式に当てはめれば、分からない部分が計算出来ます。
※ 私が勝手に「T字式」ってよんでます。と 言いますか、小学生時代に塾で教えてもらった時に「T字式」って言ってたような気がします… 本当の呼び名って何なんでしょうかね?

  • 全体量がわからなければ -> 単位量 × いくつ分
  • 単位量がわからなければ -> 全体量 ÷ いくつ分
  • いくつ分がわからなければ -> 全体量 ÷ 単位量

というのを、余り 理由は考えずに計算する為の図です。

リボンの問題をT字式でかくと

T-ribbon

解答

T字式より、800÷4=200
Ans. 200円

速度の問題でもよく使います

T-hayasa

どれを使って教えるのが良いの?

T字式は、覚えてしまえば 計算に迷うことがなく、答えを最短で導きます。
ですが…コレを覚えてしまうと、なんでも T字式に入れて、余り意味合いを考えずに、条件反射的に答えを出す、子どもたちが多くなってしまいます。

かけわり図は、正直 わかりやすい図とは思えません…
図を書いても、そこから どういった計算式に持っていくかが 見えにくいと思っています。

ので、将来的に応用ができる 線分図で教える事が多いです。

ただ、T字式は、わかりやすいので 子どもたちには人気ですねw


あわせて読みたい! 割合のおすすめ記事