スポンサードリンク

中学受験算数・食塩水問題の基礎の基礎

スポンサードリンク Ads by google

例題

12gの食塩を188gの水に溶かした。このとき食塩水の濃度は何%ですか。

今日は 食塩水について考えていきたいと思います。割合の問題の一種なのですが、食塩を水に溶かすだけなので、理解しやすいと思います。 ポイントは何に対して何が何%なのか? (周りくどい…)です。

食塩水の基本の基本

食塩水の濃度は、食塩水の重さに対しての割合(%)を計算する!

つまり、塩の重さと 水の重さを足した、「食塩水の重さ」全体 に対して、塩がどれくらいあるのか? が、食塩水の濃度となります。

例題を考えよう

12gの食塩を188gの水に溶かした。このとき食塩水の重さは何gですか? と 聞けば…
12 + 188 = 200 (g) となります。
※ 食塩は溶けて見えなくなりますが、溶けても重さは残っています。
そして、食塩水全体における 食塩の 重さの割合は…
 12 \div 200 = 0.06
 0.06 \times 100 = 6%
となります。 これが、食塩水の濃度となり、今回の例題の答えです。

面積図で見てみよう!!

掛け算の結果は、面積で表されます。
食塩水
今回の問題を面積図で表すと、このように図式化出来ます。
長方形の面積は、食塩の重さ。横辺は食塩水の重さとなっています。
この図 から、縦辺を求めると、
 12 \div 200 = 0.06 = 6%

水の割合もイメージする

水も面積図に表そう♪

shokuensui001
水を含めた面積図は、このように図式化出来ます。
長方形の面積は、食塩と水の重さ。横辺は食塩水(食塩と水を合わせたモノ)の重さとなっています。
この図 から、水の割合は、
 100 - 6 = 94%
つまり、食塩水の 94% の重量は 水です。

割合を面積図でイメージできると、色々と応用ができるので、この問題では「必要ないなぁ…」と思っても、面積図の考え方を理解してくださいね♪
また、6%の食塩水の水の割合は 100-6=94(%) が理解できると、色々な問題を解くきっかけとなりますよ♪


あわせて読みたい! 食塩水のおすすめ記事