スポンサードリンク

ドラえもん「ヤマタノオロチ問題」どうしてナナマタノオロチじゃないの?

スポンサードリンク Ads by google

ドラえもんを見ていたら、ヤマタノオロチについて、ドラえもんとのび太君が、面白い会話をしていました。
※ 正確には、覚えてません… 、ですが、だいたいこんな感じ。

のび太「ヤマタノオロチってなぁに?」

ドラえもん「ヤマタノオロチは、頭が8つあって、8つのまたに分かれているから、ヤマタノオロチ。」

のび太「ちょっとまってよ、頭が8つなら または7つでしょ。ナナマタノオロチ。って言うべきだよ」

ドラえもん「昔から ヤマタ って決まってるの…

ってな 会話です。

どうして ヤマタノオロチって言うんでしょうか? 小学生算数の 植木算で 考えてみましょう♪

のび太くんの考えたヤマタノオロチ

ヤマタノオロチ の またの数
これが、のび太くんの考えたヤマタノオロチの「またの数」です。

手に指が生えているのと同じように、オロチの首が生えていると考えたのでしょうね♪

「またの数」を数えると 確かに 7つ!!

やっぱり、ナナマタノオロチ なのでしょうか?

ヤマタノオロチは こうだった のでは?

ヤマタノオロチ の またの数8
オロチの首は、となって 生えていたんじゃないでしょうか??

ヒトデ 等 のイメージですね。

こうやって 数えると 8つ になりました!!!

ということは、ヤマタノオロチの首は輪っかに生えていたのです!!

植木算をおさらいすると

両端に木が植えてある

植木算 両端に植えてある
この場合、木の間の数は、木の本数より 1つ少ない。

両端に木が植えてない

植木算 両端に植えてない
この場合、木の間の数は、木の本数より 1つ多い。

輪の形に(池に)木が植えてある

植木算 輪の形に木がある
この場合、木の間の数は、木の本数と同じ。

以上は、覚えなくてもいいですよ♪ 実際に問題を解く時に、木の数を3本とか少ない数で仮に絵を描いてみれば、多いか少ないか、一緒か? が分かりますからね♪

でも、ヤマタノオロチの意味は違うらしい…

算数ではなく、国語の詳しい人に聞いてみると…

そもそも、また の意味が違うらしいです。

漢字では八岐 なので、頭が8つに別れた という意味だそうです。

そういえば、二岐(ふたまた)恋愛 って、相手は2人ですから、同じような感じですね…
って、こんな例えでは、 子どもには説明できないですね…

国語は苦手なのでw 詳しい方教えて下さ~い♪


あわせて読みたい! 植木算のおすすめ記事